電話というコミュニケーション

Posted by gsixcorp on 日曜日 6月 7, 2015 Under 他の話題

テレクラはナンパと出会い系サイトの中間地点の出会い方だと思いませんか?
ナンパも出会い系サイトも成功率は悪いのですが、その中間地点のテレクラは出会い率は高くなります。
どうして?と思われるかもしれませんが、まずナンパの場合は不特定多数の相手に対して声をかけるわけです。
相手は用事があって急いでいる人かもしれませんし、恋人がいて絶対に浮気なんて考えない人かもしれません。
またナンパする人が嫌いという人もいるでしょうし、恋人が欲しいと思っていてもナンパの誘いにノルなんて
軽い女だと周囲の人から思われたくないと人目を気にした結果かもしれません。

いずれにしてもこれらの理由からナンパを断ってきます。
出会い系サイトは匿名性が守られていますが、その反面相手がどうゆう人なのかも見えてきませんから
不安が残ります。また気軽にメールが出来るため大量にメールが届く事になり、
その中から自分を選んでもらうのも大変な事です。その点テレクラは人目を気にする必要ななく、匿名性も守られます。それに、女とエッチしたいとき電話で話せばある程度この人がどうゆう人なのか見えてきます。
そもそもテレクラを利用しようとした人は最初から出会いを求めていて口説かれたいと思っているわけですから
男性と利害関係が一致するわけです。

つまりナンパと出会い系サイトのメリットのみを生かした出会いがテレクラなため
出会い率はナンパや出会い系サイトよりも高くなると言えるわけです。
直接よりもネットよりも電話というコミュニケーションが出会いにはちょうどいいのかもしれませんね。
もちろんテレクラはコールセンター経由のため相手にスマホの番号が漏れる心配はありません。

Comments are closed.